タウンガイド・富雄

富雄ってどんな街?

富雄は大和川水系富雄川沿いにあり大正3年開業の富雄駅中心に開けた町です。
西口には大阪電気鉄道時代に使用されていた旧富雄変電所があり、レストランとして利用されています。


富雄駅南からバス10分に近畿大学農学部があります。


富雄川上流の生駒市高山地区は茶せんで全国生産の90%をしめています。
高山竹林園では秋に十六夜コンサートが行われます。
竹灯篭や行灯が並ぶ道はとても幻想的です。

富雄駅とバスターミナル

富雄駅とバスターミナル

高山竹林園のライトアップ

高山竹林園のライトアップ

駅西入り口と後ろは変電所後のレストラン

駅西入り口と後ろは変電所後のレストラン

百楽荘

百楽荘

駅の北側には料亭の百楽荘があり、その東側から学園前駅にかけては環境の比較的よい住宅地となっています。
駅南側にはダイエー富雄店や商店街があります。

霊山寺の所在する富雄の里は、古事記には「登美」であり、日本書紀では「鳥見」の地となっています。
霊山寺は天平6年(734)に聖武天皇の勅命で創建された寺です。参道のわきには、阿弥陀如来や大日如来などの八体仏が並んでいて、自分の干支の守り本尊に願をかけると願い事が叶うといわれています。
また、寺のなかには薬湯があります。

霊山寺

霊山寺

霊山寺 バラ園

霊山寺 バラ園

霊山寺はバラ園で有名です。
1200坪のバラ園は人生の輪廻をテーマに作られました。
約200種、2000株。世界から集められたバラが咲き競います。
一画にカフェテラスがあり、ローズティなどが楽しめるほか、ポプリをはじめさまざまな薔薇グッズもあります。
〔見ごろ予想〕
春5月上旬~6月上旬。秋10月中旬~11月上旬。